スマホの通信料金を格安シムにしてより安くする!初心者におすすめの格安SIMは?

スマホの通信料金を格安シムにしてより安くする!初心者におすすめの格安SIMは?

毎月支払っているスマホの通信料金を格安シムに変えることでより安くなります。
この記事ではよりお得な格安シムについて説明します。

目次

格安シムとは?

格安SIMとは大手のキャリア、ドコモ、au、ソフトバンクよりも安く利用できるSIMのことです。
格安SIMはキャリアの独自の回線を借りて安く提供しています。
格安SIMを提供している会社をMVNO、大手のキャリアをMVOと呼んでいます。

格安SIMのデメリットは?

実店舗がない場合が多い

格安SIMは実店舗がない場合が多いです。
インターネットで申し込んだ場合などは、自分で初期設定が必要です。
量販店や店舗で申し込んだ場合は、初期設定を手伝ってくれて即日開通可能です。
ただし、オンラインで申し込んだ方が事務手数料無料や、ポイントやキャッシュバッグの特典がある場合が多いです。
格安SIMは、あまり料金が変わらないので、キャンペーンなどでお得になる格安SIMを選ぶのも良いと思います。

キャリアメールを引き継げない

今まで使っていたキャリアメールは使えません。
対策としては、Gmailなどで対応できます。
キャリアメールにこだわる方は、格安SIMの乗り換えは難しいです。

通信速度が遅い

キャリアから回線を借りているため、混雑する通勤やお昼の時間帯などは、通信速度が遅くなる傾向があります。
速度が遅くストレスを感じる場合もあります。
格安SIMの中でもワイモバイルとUQモバイルは速度が速いです。
ストレスがほとんどなく利用できると思います。
どちらにしても個人差はあると思います。

完全カケホーダイがほとんどない

5分や10分のカケホーダイがオプションなどで付いている場合が多いですが、完全カケホーダイはほとんどありません。
これだと格安SIMにしても長電話をする人はお得にならない場合があります。
格安SIMの中でカケホーダイがあるのは、やはりワイモバイルとUQモバイルです。
つい最近では日本通信が「合理的かけほプラン」を出しました。
データ3GBついて2480円です。
噂によると日本通信がドコモに対しして通話料金の値下げ交渉に成功してできたプランのようです。これからは他の格安SIMの会社にも影響をあたえることでしょう。

格安SIMに対応するスマホについて!

格安SIMにする場合、自分でスマホを用意しなければいけません。
格安SIMの会社が扱っている回線に対応するものになるので、利用できるスマホを確認しないといけません。
わからない場合は、スマホをセットで購入できる会社を選ぶと良いでしょう。
国内のSIMフリースマホの場合はほとんど対応可能な場合が多いと思います。
回線があえば今までキャリアで使っていたスマホをそのまま利用できる場合があります。
回線があわない場合、例えば格安SIMの回線がドコモでソフトバンクのスマホを使う場合にはSIMロックを解除しなければ使えません。
解約する前にシムロックを解除しておきましょう。

格安SIMに電話番号は引き継げるの?

電話番号はMNPで引き継げます。
手数料がだいたい3000円くらいかかります。
今まで使っていた通信会社から引き落としがされます。

格安SIMの通話料金は?

格安SIMの通話料金は、ほとんど30秒20円になっています。
キャリアより安くなっているわけではなくキャリアも30秒20円の設定になっています。
格安SIMでは、かけホーダイのプランや独自のアプリを使うと通話料金が30秒10円になるなど安くなるものがあります。

初心者におすすめの格安SIMは?

個人的におすすめの格安SIMは、ワイモバイルとUQモバイルです。

ワイモバイルとUQモバイルをおすすめするの理由は!

店舗数が多い

近くに店舗あるので、なにかあればすぐにかけこむことができます。

通信速度が速い

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド、UQモバイルはauのサブブランドになっていて、回線をそのまま使っているので、他の格安SIMと比べても、圧倒的に速いです。

スマホもセットで購入できる

スマホも購入できるので別に端末を用意する必要がありません。
もちろん対応スマホがあればSIMだけの乗り換えもできます。
ただし、アンドロイドで性能の良いスマホを使いたい場合は、スマホを自分で用意することをおすすめします。

サブブランド(ワイモバイル、UQモバイル)と他の格安SIMの値段の違い

他の格安SIMに比べて、サブブランドのワイモバイル、UQモバイルの方が快適に使える分値段が高くなっています。
3GB、10分通話オプション込みのプランでそれぞれ比較してみます。

ワイモバイルUQモバイルIIJmio
月額料金(10分カケホ込み)
2680円
1980円1600円
カケホ(10分)700円(10分)830円
合計2680円2680円2430円

合計金額はワイモバイルとUQモバイルは値段は同じです。
IIJmioは250円安くなっています。
カケホがいらない場合はIIJmioがUQモバイルと比較すると380円安くなっています。

ワイモバイルとUQモバイルの違い

上の表をみてもわかるようにおすすめするワイモバイルとUQモバイルは同じ料金です。
ワイモバイルとUQモバイルの違いについてまとめてみました。

カケホーダイについて

ワイモバイルは基本料金に10分かけほが含まれています。
10分過ぎた分に関しては30秒20円かかります。
頻繁に10分以内の電話をする人にとってはいいかもしれませんが、いらない場合でも取り外すことができません。
UQモバイルはオプションとしてかけほを付けることができます。
ほとんど電話をしない人はかけほをつけないで料金を安くすることができます。

完全カケホーダイについて

ワイモバイルは「スーパーだれとでも定額」オプションを追加すると完全カケホーダイ利用できます。料金は1000円です。
UQモバイルの完全カケホーダイのオプションは1700円です。
基本料を含めた金額はワイモバイル、UQモバイルも同額です。

ワイモバイル=基本料金2680円+完全カケホ1000円=3680円
UQモバイル=基本料金1980円+完全カケホ1700円=3680円

データ繰り越しについて

ワイモバイルはデータ繰り越しはありません。
3GBのプランで、例えば1GBしか使用せず2GB余った場合でも、翌月に余ったデータは繰り越せません。
UQモバイルは余ったデータを翌月に繰り越すことができ無駄がありません。

データ容量の節約機能について

格安SIMには高速通信を低速通信に切り替え、データを節約する機能がついているものがあります。

ワイモバイルはデータを節約する機能はついていませんのでデータの節約はできません。
UQモバイルは高速通信と低速通信の切り替えができます。
低速時はデータを消費することなく利用できるのでデータが減りません。

UQモバイルの方がいいの?ワイモバイルのメリットは?

UQモバイルよりワイモバイルの店舗の数が多い

現在ワイモバイル店舗数は900店舗くらいあるのに対してUQモバイルは200店舗ほどです。
さらに、2300店舗あるソフトバンクショップでのワイモバイルの取り扱いが7割になっています。
実店舗が近くにあると安心感があります。

UQモバイルよりワイモバイルの方がお得なキャンペーンが多い!

ヤフーではソフトバンクやワイモバイル利用者に対してはかなり優遇されています。

ヤフーショッピングがかなりお得!

ワイモバイル利用者はポイントがたくさん付きます。ポイント10倍くらいは余裕で付きます。
楽天市場やAmazonと価格を比較してもポイントを加味するとヤフーショッピングが一番安く購入できることがほとんどです。

ヤフープレミアム会員の特典が無料で付いてくる。

ヤフープレミアムとはたくさんのお得な特典を受けられるサービスです。
月額の会員費が462円かかりますが、ワイモバイルの利用者は無料でヤフープレミアムが付いてきます。

Yahooプレミアム特典

PayPayがお得!

PayPayを利用していれば通常よりもPayPayのキャンペーンの優遇を受けることができます。

ワイモバイルとUQモバイルどちらを選ぶ?

UQモバイルはで無駄なく使えるので、きるだけ節約したい方向けだと思います。
ただ、PayPayやヤフーのサービスをよく使う人は少し無駄があってもワイモバイルの方がいいのかなと思います。

他の格安SIMはダメなの?

キャリアのスマホからの乗り換えはワイモバイル、UQモバイルがおすすめ!

他の格安SIMを全くお勧めしないわけではありません。
ただ、キャリアのスマホからサブブランド以外の格安SIMに乗り換えた場合、通信速度が遅く感じて不満を持つことが想像できます。
やっぱり格安SIMにしなければよかったと思うかもしれません。
サブブランドであるワイモバイル、UQモバイルであればキャリアの回線をそのまま使っているので、キャリアを使っていた時と同じ感覚で使うことができると思います。

ガラケーから初めて格安SIMに乗り換える場合は?

やはり初めてで不安があると思うので、近くに店舗があるワイモバイル、UQモバイルをおすすめします。
ただ、あまり不安がない方はサブブランド以外の格安SIMでもいいのかなと思います。
通信速度が遅くても、まぁこんなもんかなぁと感じるからです。
私も一番最初の格安SIMはIIJmioでした。私の場合はガラケーとの2台持ちでしたが…。
IIJmioの格安SIMを使って、まぁこんなもんかなぁと思っていました。

通信費をより安くしたい方は今すぐ格安SIMにしましょう!
かかった手数料はすぐにもとが取れます。
初めての方には、ワイモバイルとUQモバイルを強くおすすめします!

ただ、通信速度は遅くてもいい、不安はないという方は他の格安SIMでも全然いいと思います。
その方がより安く自分にあったプランを利用することができると思います!